こんにちは・・・

ひょえーーーーもうすぐ

夏休みじゃないですか??

世の中のお母様方頑張りましょう( 一一)( 一一)( 一一)・・・・・・・

 

さてさて、今回はチョーキング現象について

最近お客様が

「孫が遊び来てさーー洋服の真っ白なって帰ってきたけん

どこで遊んできたね~って叱りよったらウチやった、、壁に当たると

真っ白なりよったたーい」と・・・・

 

お客様でもすぐにわかるチョーキング現象

では

チョーキング現象とは???

外壁の塗装面に起こる劣化現象の一つです

手で触ると白っぽい粉が手につきます。

【チョーキング現象例】↓

チョーキングは通常でも10年前後で起こります。

しかし、施工不良の場合は1年から3年で起こる場合もあります。

チョーキングの原因は??

チョーキング現象が起きる原因は大きく3つ

①紫外線の影響による塗膜の分解

②塗料のかくはん不足による施工不良

③立地条件に合わない塗料による施工不良

チョーキング現象・・建物への影響は?

塗膜の防水性が低下していく。

そのため降雨時など外壁に水分が吸収しやすくなり

コケやカビの発生の可能性が高くなってくる。

しかし、チョーキング現象は目に見て分かりやすい

劣化現象であるため、

訪問業者などから「今すぐどうにかしないと、壁が崩れます」

など煽られたと言われたお客様も多くいらっしゃました。

慌てず・・

チョーキング現象あるな~と気になられたかたは

お気軽にご相談下さい!